JR関西本線


JR関西本線柘植駅

JR関西本線柘植駅紹介

JR関西本線拓殖駅は三重県内で最初に開業した駅であり、「拓殖(たくしょく)」などと誤解されることが多いが「拓殖(つげ)」と読む。
蒸気機関車が走っていた時代には、柘植駅 - 亀山駅間の「加太越」のための補機機関車が柘植駅で折り返していた。
そのための給水塔や転車台があったが、今は撤去されている。 ホーム北側にはかつて貨物列車の組成用ヤードとして使われた側線が残り、
現在は草津線用電車の夜間滞泊用の留置線として使われている。 駅舎西側には、1890年(明治23年)の開業時に建てられた煉瓦積みの危険品庫(ランプ小屋)がある。
駅舎は建物財産標が付いていないため建築年は不明。
ホームの基礎はフランス積み煉瓦で、上屋は1890年1月と1919年(大正8年)12月付の建物財産標が付いた物が現存している。
また、2・3番のりばの亀山方面には、「海抜二四三米(八〇〇尺)」と漢数字で書かれた、当駅の標高243mを示す木製の標柱が立っている。

JR関西本線柘植駅のGoogleストリートビューとマップ

[JR]関西本線[駅時刻表]JR柘植駅の情報

所属 JR西日本旅客鉄道株式会社
路線名 [JR]関西本線(JRかんさいほんせん)・草津線
駅名 [JR]関西本線柘植駅
距離 79.9km(名古屋起点)亀山駅から20km
開業 1890年(明治23年)2月19日
窓口情報 窓口営業時間 きっぷうりば:6:30~17:45
関西本線種別 簡易委託駅
その他 無人駅
駅スタンプなし
※イベント時のみ駅スタンプあり
地域の情報、観光マップにはない穴場を教えてください。写メ、内容を頂ければ情報共有とし掲載していきたいと思っております。ご協力お願いいたします。

JR関西本線の紹介

JR関西本線(かんさいほんせん)は、愛知県名古屋市中村区の名古屋駅から亀山駅奈良駅を経て大阪府大阪市浪速区のJR難波駅に至る鉄道路線(幹線)である。
名古屋駅 - 亀山駅間が東海旅客鉄道(JR東海)、亀山駅 - JR難波駅間が西日本旅客鉄道(JR西日本)の管轄となっている。
このほか日本貨物鉄道(JR貨物)の四日市駅 - 塩浜駅間、平野駅 - 百済貨物ターミナル駅間の貨物支線を持つ。【Wikipedia参照】

アイコンJR関西本線沿線