JR関西本線


JR関西本線亀山駅

JR関西本線亀山駅紹介

三重県北部に位置するJR関西本線亀山駅は名古屋駅(愛知県名古屋市)とJR難波駅(大阪府大阪市)を結ぶ関西本線と、亀山駅を起点として紀伊半島を海沿いに走り和歌山市駅(和歌山県和歌山市)までを結ぶ紀勢本線の2路線の接続駅となっている。 このうち関西本線を亀山駅の所属線としている。
また、当時旧国鉄の亀山機関区が置かれ、関西本線、草津線、信楽線、参宮線と紀勢本線との結節点であった。
このため、1970年代の亀山機関区には、機関車の方向転換をする転車台【下路式バランスト型】、機関庫や給水・給炭塔などが設置されていた。
機関車と客車、貨車との付け替えも頻繁で、駅に隣接して設置されていた機関区では、いつも多くの蒸気機関車が煙をあげていたようだ。
かつては日本国有鉄道(国鉄)のみの管轄であったが、1987年4月の国鉄分割民営化によって関西本線亀山駅は会社間の境界駅となり、関西本線の名古屋方面と紀勢本線(新宮駅まで)がJR東海、関西本線の奈良方面がJR西日本に継承された。
亀山駅構内には、JR東海の亀山運輸区と亀山変電所、JR西日本旅客鉄道亀山鉄道部と亀山指令所(大阪総合指令所の分所扱い)がある。
国鉄時代は天王寺鉄道管理局の管轄であった。
その後、1987年3月に名古屋鉄道管理局に移管され、民営化により、9つあるJR東海在来線のJR他社境界駅の中で唯一、JR東海の管轄駅となった。
また、保安装置に関しても、JR東海は現在在来線全線でATS-PTを使用しているが、ATS-P車上装置を設置していない JR西日本キハ120形気動車が乗り入れる関係上当駅構内のみATS-STが使用されている。
かつては、亀山機関区や亀山客貨車区などが置かれた三重県内でも鉄道の要衝であり、 名古屋方面・京都方面から来る多くの優等列車が、関西本線亀山駅を経由して伊勢・南紀方面に向かっていた。 しかし四日市 - 津間は関西本線亀山駅経由では大きく迂回するルートであり、また関西本線亀山駅の配線上スイッチバックを強いられるため、短絡ルートである国鉄伊勢線の建設が検討されるようになった。 1973年に伊勢線が開通すると名古屋方面の優等列車の大半は同線経由となり、モータリゼーションの普及も加わって、徐々にローカル輸送へとシフトしていくことになった。
伊勢線開通後も寝台特急「紀伊」は関西本線亀山駅経由で運行されていたが、 1984年に廃止され関西本線亀山駅に停車する特急列車が消滅した。
さらに京都方面からの急行列車も運賃と速度で勝る近鉄特急に客足を奪われ1987年に消滅した。
そして2006年3月18日のダイヤ改正で急行「かすが」が廃止されたのを最後に、関西本線亀山駅に停車する優等列車が全て消滅した。
かつて賑わっていたことを示すのが駅構内の広さであり、東西方向に1km以上に渡って続いている。
快速列車・普通列車のみが発着する。関西本線名古屋方面および奈良方面(加茂駅で乗り換え)・紀勢本線の3方向での運行形態となっており、関西本線亀山駅をまたいで運転される列車は設定されていない。3方向とも日中は1時間に1本のみの運転である。
なお、奈良方面については、過去に線路の保守工事のため第2土曜日の日中に運休する列車があった。 現在はイベント時のみJR東海が亀山鉄道部を一般公開し訪れるファンを魅了している。
近隣には伊勢亀山城跡があり歴史ある街並みだったことがわかる。
伊勢亀山城跡の隣にある公園にはかつて川崎重工神戸工場で製造され活躍をし亀山機関区で引退したC58359を見学することが出来ます。

JR関西本線亀山駅のGoogleストリートビューとマップ

[JR]関西本線[駅時刻表]亀山駅の情報

所属 JR東海旅客鉄道株式会社
路線名 [JR]関西本線(JRかんさいほんせん)紀勢本線
駅名 [JR]関西本線亀山駅
距離 59.9km(名古屋起点)亀山駅から0km
開業 明治23年(1890年)12月25日
窓口情報 きっぷうりば:4:45~22:30
関西本線種別 直営駅
その他 駅スタンプあり

JR関西本線の紹介

JR関西本線(かんさいほんせん)は、愛知県名古屋市中村区の名古屋駅から亀山駅奈良駅を経て大阪府大阪市浪速区のJR難波駅に至る鉄道路線(幹線)である。
名古屋駅 - 亀山駅間が東海旅客鉄道(JR東海)、亀山駅 - JR難波駅間が西日本旅客鉄道(JR西日本)の管轄となっている。
このほか日本貨物鉄道(JR貨物)の四日市駅 - 塩浜駅間、平野駅 - 百済貨物ターミナル駅間の貨物支線を持つ。【Wikipedia参照】


アイコンJR関西本線沿線