JR関西本線


JR関西本線大河原駅

JR関西本線大河原駅紹介

大河原駅(おおかわらえき)は、京都府相楽郡南山城村の代表駅である。 鉄道唱歌第5集(関西・参宮・南海篇)(1900年(明治33年)、大和田建樹作詞)11番の歌詞にて、大河原駅と、笠置駅との間にある木津川橋梁が登場する。 「水をはなれて六丈の 高さをわたる鐵の橋 すぐればここぞ大河原 河原の岩のけしきよさ」

JR関西本線大河原駅のGoogleストリートビューとマップ

[JR]関西本線[駅時刻表]大河原駅の情報

所属 JR西日本旅客鉄道株式会社
路線名 [JR]関西本線(JRかんさいほんせん)
駅名 [JR]関西本線大河原駅
距離 108.8km(名古屋起点)亀山駅から48.9km
開業 1897年(明治30年)11月11日
窓口情報 窓口営業時間 きっぷうりば:7:00~15:00
窓口閉鎖日 土・日
関西本線種別 簡易委託駅
その他 駅スタンプなし
※イベント時のみ駅スタンプあり
地域の情報、観光マップにはない穴場を教えてください。写メ、内容を頂ければ情報共有とし掲載していきたいと思っております。ご協力お願いいたします。

JR関西本線の紹介

JR関西本線(かんさいほんせん)は、愛知県名古屋市中村区の名古屋駅から亀山駅奈良駅を経て大阪府大阪市浪速区のJR難波駅に至る鉄道路線(幹線)である。
名古屋駅 - 亀山駅間が東海旅客鉄道(JR東海)、亀山駅 - JR難波駅間が西日本旅客鉄道(JR西日本)の管轄となっている。
このほか日本貨物鉄道(JR貨物)の四日市駅 - 塩浜駅間、平野駅 - 百済貨物ターミナル駅間の貨物支線を持つ。【Wikipedia参照】


アイコンJR関西本線沿線