JR関西本線からのお知らせ

C50154静態保存



  • C50 154国民宿舎関ロッジ静態保存

    写真提供:古都テレビ

    C50154国民宿舎関ロッジ静態保存

    C50形蒸気機関車(C50がたじょうききかんしゃ)は、日本国有鉄道(国鉄)の前身である鉄道省が製造した旅客列車牽引用のテンダー式蒸気機関車である。シゴマル、シゴレの愛称。
    C50154は1933年(昭和3年)2月三菱重工神戸造船所で製造。
    1941年(昭和16年)には、C501 – C505が軍の要請により供出され、海南島に送られることになったが、都合により台湾に降ろされ、台湾総督府鉄道で使用された。
    太平洋戦争後にこれらを引き継いだ台湾鉄路管理局ではCT230型 (CT231 – CT235) となり、入換用として1960年代末まで使用された。
    本土に残ったC50形は2両が戦災により廃車され、1947年には147両が在籍していた。
    配置区は、苗穂、長町、小山、桐生、平、新鶴見、大宮、国府津、飯田町、静岡、浜松、稲沢、梅小路、吹田、亀山、姫路、岡山、広島、岩国、小郡、下関、行橋、鹿児島で、かなりの両数が入換用となっていた。

    1970年亀山機関区配属で入れ換え用として活躍。
    国鉄製作映画「蒸気機関車-その百年」にも登場、
    最終廃車は1974年8月の36号機であった。
    C12形とともに梅小路蒸気機関車館の保存対象形式からも外れる。
    現在は亀山市関ロッジに保存。



    【配属】
    C58359
    1933-2月9日  三菱重工神戸造船所 製番117 配属 東京局 配置 田端庫
    1934-5月10日 田端庫→田端庫尾久分庫(旅客運用機能を移管して新規開設)
    1936-9月1日  田端庫尾久分庫→田端区尾久支区(職制変更)
    1939-10月11日 田端区尾久支区→尾久区
    1943-9月29日 尾久区→成田区
    1944-3月07日 成田区→大宮区
    1944-5月10日 大宮区→桐生区
    1950-1月20日 桐生区→小山区
    1954-11月14日 借入 桐生区
    1954-11月20日 返却 小山区
    1958-4月1日  現在 小山区
    1961-6月28日 第一種休車指定 小山区 回転式火粉止め取付済(その後 取外し)
    1962-4月01日 現在 小山区
    1966-3月31日 現在 小山区
    1970-7月14日 小山区→糸崎区 入換専用機
    1970-10月06日 糸崎区→亀山区 入換専用機
    1971-11月24日 借入 梅小路区 国鉄製作映画「蒸気機関車-その百年」の撮影用 撮影後返却
    1973-4月24日 廃車(亀山区) 走行距離 1,806,887km
    1973-7月1日  天王寺管理局長と三重県関町長との間で無償貸与契約締結
    1974-01月   現在 観音公園にて保存 その後 国民宿舎関ロッジ第2駐車場に移設
    2005-01月11日 亀山市が鈴鹿郡関町を吸収合併 関ロッジも関町町営から亀山市営となる

    ※この写真は2017年に撮影されたものです。

    【静態保存場所】


    所在地:
    観音山公園・関ロッジ第2駐車場

    三重県亀山市関町新所1574-1


ページャー

家のアイコンJR関西本線沿線不動産情報