急行みえ 【キハ75系】




JR関西本線キハ75形

型式 キハ75形
製造会社 日本車輌製造
導入日 1993年 – 1999年
走行区間:名古屋駅 – 河原田駅間





キハ75形

高いグレードと汎用性を兼ね備えた快速用気動車

JR東海では、日本国有鉄道(国鉄)から承継したキハ58系・キハ65形気動車を非電化区間に直通する快速・急行列車に使用していたが、それらの車両の老朽取り替えを目的として設計・製造、1993年から1999年にかけて計40両が製造された。

1993年(平成5年)から営業運転を開始し現在は2両編成20本(40両)が名古屋車両区に配置されている。
非電化区間の競争力強化とスピードアップのために投入された快速用気動車で、
伊勢・鳥羽方面への快速「みえ」として走行しているほか、武豊線から名古屋直通の通勤用としても運用されるなど、汎用性の高い車両です。
また、最高速度120km/hで、転換クロスシートを備えるなど高いグレードも兼ね備えています。

一覧へ戻る




家のアイコンJR関西本線沿線不動産情報