JR関西本線

language

JR関西本線

郡山城跡 こおりやまじょうせき

郡山城跡

織田信長の時代に、筒井順慶が築城。豊臣秀吉の時代に、豊臣秀長が百万石の居城とし、大幅に拡張された。江戸時代には郡山藩がおかれ、水野氏、松平氏、本多氏などの統治の後、柳澤氏が入り幕末まで続いた。明治維新後、多くの建物は破却されたが、近年、追手門・櫓・天守台などが修復・整備され、城跡に一段と風格を添えている。「続日本100名城」(財団法人日本城郭協会)に認定されている。
城跡は桜の名所としても有名で、満開の桜のもとで開催される「大和郡山お城まつり」は多くの人々で賑わう。

郡山城跡 花情報

【梅 うめ】
2月上旬~3月中旬

しだれ梅をはじめ、郡山城跡内にさまざまな梅があり、江戸時代「梅林門」と呼ばれていた追手門に花をそえています。
また、ほぼ同時期に櫓の中で盆梅展を開催しています。

【桜 さくら】
3月下旬 ~ 4月上旬

筒井順慶、豊臣秀長、柳沢吉保ゆかりの郡山城跡に、ソメイヨシノ、山桜、しだれ桜、八重桜などが約800本あり、見頃は3月末~4月上旬です。
日本さくら名所100選にも選ばれています。

郡山城跡 見どころ

郡山城跡 郡山城天守台展望施設

平成29年に整備が完了した天守台。天守台の展望施設からは、大和郡山のまちなみとともに、平城京大極殿・薬師寺・若草山までのぞむことができる。

郡山城跡 追手門

この追手門は昭和58年に大和郡山市民の手によって再建された。

郡山城跡 柳沢文庫

郡山城跡内にある地方史誌専門図書館。建物は旧郡山藩主であった柳澤伯爵家の邸宅の一部にあたる。郡山城や柳澤家に関する展示会も開催される。

郡山城跡 こおりやまじょうせき 所在地: 〒639-1011 大和郡山市城内町
観覧料 無料
駐車場 あり
無料約50台、有料約380台
無料/約50台はお城まつり期間中のみ。三の丸駐車場100~1100円、時間により異なる
郡山城跡へのアクセス:
JR関西本線・JR郡山駅徒歩15分