JR関西本線ナビ

JR関西本線駅密着型情報ポータルサイト

JR関西本線 地域の魅力ある観光コース

JR関西本線駅周辺の観光情報(各駅別)

JR関西本線各駅ごとの観光情報です。
※区市町の中の[○○駅周辺]をクリックするとJR関西本線観光情報がご覧頂けます。
※[区市町]をクリックすると、JR関西本線周辺観光コースがご覧頂けます。

地域のナビ

JR関西本線 亀山駅~奈良駅
魅力あるお奨め観光コース

笠置山・行場めぐり

笠置山・行場めぐり

JR関西本線JR笠置駅笠置寺→正月堂・弥勒大磨崖仏→千手窟→虚空蔵石→胎内くぐり→太鼓石→平等石→ゆるぎ石→蟻の戸渡り→貝吹石→後醍醐天皇行在所跡→もみじ公園→笠置寺→JR関西本線JR笠置駅

多くの歴史と浪漫を秘めた散策コース、聖地と巨石信仰の笠置山を探訪

所要時間 30分~40分

ジャンル 歴史・神社・仏閣/芸術・文化・街並/自然・景観


JR笠置駅

JR関西本線月ケ瀬口駅(つきがせぐちえき)は、京都府相楽郡南山城村大字北大河原小字殿田平尾にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)関西本線の駅である。 駅は南山城村にあるが、駅名の通り奈良県奈良市の月ヶ瀬地区(旧・添上郡月ヶ瀬村)への入口としての役割も持っている。
順路

笠置寺

鹿鷺山笠置寺
奈良時代、笠置山で狩りを楽しんでいた天武天皇が、鹿を追って進退きわまったとき、仏に祈念して難を逃れた。そこで大岩面に弥勒菩薩を掘り、それを本尊にしてはじまったのが笠置寺。平安末期には修験道の道場として発展したが、元弘の乱で焼かれ、現在の本堂、正月堂は、室町時代に建造された。
順路

正月堂・弥勒大磨崖仏


順路

千手窟


順路

虚空蔵石

虚空蔵石

弥勒石・文殊石・薬師石や金剛界こんごうかい石・胎蔵界たいぞうかい石・虚空蔵こくうぞう石などがある。

なかでも弥勒信仰の中心、弥勒石は高さ15m、幅12mの石面に刻まれていたが、元弘の乱で消滅し、わずかに舟形光背を残す。また虚空蔵石は奈良時代の磨崖仏で、高さ13m、幅7mの岩に線刻の虚空蔵菩薩が残る。
写真提供:古都テレビ
順路

胎内くぐり

胎内くぐり
笠置山は、かつて修験道の行場としても栄え、今でも胎内くぐりなどの行場が数多く姿を残しています。現在では、気軽に行場巡りに挑戦できるよう整えられ、小学生から年輩ハイカーまで幅広い年齢層に人気のコースとなっています。
写真提供:古都テレビ
順路

太鼓石


順路

平等石


順路

ゆるぎ石


順路

蟻の戸渡り


順路

貝吹石


順路

後醍醐天皇行在所跡


順路

もみじ公園


順路

笠置寺

鹿鷺山笠置寺
奈良時代、笠置山で狩りを楽しんでいた天武天皇が、鹿を追って進退きわまったとき、仏に祈念して難を逃れた。そこで大岩面に弥勒菩薩を掘り、それを本尊にしてはじまったのが笠置寺。平安末期には修験道の道場として発展したが、元弘の乱で焼かれ、現在の本堂、正月堂は、室町時代に建造された。
順路

JR笠置駅

JR関西本線関西本線笠置駅は京都府相楽郡笠置町にある関西本線の駅であり、 行楽期には、木津川でカヌーやバーベキューや温泉でにぎわっている。
昔は駅舎側にもう1本貨物用の路線が敷設されていた。かつては奈良方面へ笠置駅発着の列車も設定されていた(現在は伊賀上野駅発着)。
また行楽期には準急(のち急行)「かすが」の臨時停車、「笠置ホリデー」(笠置駅 - 加茂駅間)の運転も行われていた。

JR関西本線沿線不動産のアイコンJR関西本線沿線不動産情報

魅力ある観光コース(エリア別)

観光スポット観光コース

路線図 下京区の観光コース 東山区の観光コース 伏見区の観光コース 宇治市の観光コース 城陽市の観光コース 井手町の観光コース 木津川市の観光コース
Fudousan Plugin Ver.5.6.0