JR関西本線

language

JR関西本線

大仏鉄道遺構めぐり

大仏鉄道遺構めぐり

大仏鉄道遺構めぐり

JR関西本線JR加茂駅東口→C5756SL展示→二本松→新高田橋→高田寺→大仏線遺構(観音寺架橋・鹿背山架橋跡・梶ヶ谷隧道・赤橋)→鹿背山不動→観音寺地蔵院→いづみ福祉会→ランプ小屋→JR関西本線JR加茂駅西口

こころに残る風景に出会う・・・

お茶の京都 木津川市観光モデルコースに認定

※距離:約8km

ジャンル 歴史・神社・社寺仏閣/自然・景観

JR関西本線JR加茂駅

JR加茂駅
JR関西本線JR加茂駅(かもえき)は、京都府木津川市加茂町駅西一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)関西本線の駅である。
1897年(明治30年)に奈良経由で大阪と名古屋を結ぶ関西鉄道の駅として開業した。

順路

C5756 SL展示

C5756【貴婦人】大仏鉄道加茂小学校静態保存
C5756は新製当初は小郡機関区所属その後、奈良機関区に配属され
主に、関西本線(関西鉄道)で、急行や特別列車を 牽引していました。

順路

二本松

順路

新高田橋

順路

高田寺

創建は奈良時代と伝えられ、本尊の薬師如来坐像は保安年間の造立と推定される。頭:体の比率が整い、ゆったり坐す姿は12世紀の典型的作風を示し、重要文化財に指定されている。

順路

大仏線遺構(観音寺架橋・鹿背山架橋跡・梶ヶ谷隧道・赤橋)

順路

鹿背山不動

順路

観音寺地蔵院

順路

ランプ小屋

大佛鉄道加茂駅ランプ小屋

JR加茂駅の西側にあるレンガ造りの建物。
明治30年(1897)10月に完成した関西鉄道加茂駅開業当時からの建物です。

順路

JR関西本線JR加茂駅

JR加茂駅
JR関西本線JR加茂駅(かもえき)は、京都府木津川市加茂町駅西一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)関西本線の駅である。
1897年(明治30年)に奈良経由で大阪と名古屋を結ぶ関西鉄道の駅として開業した。