JR関西本線からのお知らせ

JR関西本線新型導入201系引退へ

2020.3.6

  • JR西日本は、225系の新製投入と201系の置き換えについて発表した。

    JR西日本は、近畿エリアの線区価値向上に向けた取り組みの一環として、JR京都線・JR神戸線に225系144両を投入。

    JR関西本線(大和路線)の快速列車などで活躍する221系を順次置き換える。捻出した221系は、JR関西本線(大和路線)やおおさか東線へ転用。両線で活躍する201系を置き換える。

    225系の投入は、2020年度から2023年度にかけて実施。同型式の投入により、201系は全車両の運行が終了となる。

    また、JR西日本は同日、JR京都線・JR神戸線で走る223系に対し、車内ディスプレイを設置すると発表した。

    同形式330両が対象で、運行案内や広告などを提供するディスプレイを、扉上に設置する。設置工事は、

    2020年3月中旬から2021年度にかけて実施する。

    JR関西本線201系引退へ
    写真提供:古都テレビ 坂口氏

  • 関西本線亀山~加茂間「ICOCA」エリアに – 2021年春から

ページャー

家のアイコンJR関西本線沿線不動産情報