JR関西本線

JR関西本線のあらまし(歴史)

JR関西本線(名古屋駅~JR難波駅間、営業キロ174.9㎞)は、大阪鉄道が1889年(明治22年)に柏原駅~湊町駅(現在のJR難波駅)間(16.1㎞)を開業したのを皮切りに、他の区間においても民間事業者により開業され、1899年(明治32年)に名古屋駅~大阪駅間が全通しました。 その後、1907年(明治40年)の国有化、1987年(昭和62年)の国鉄民営化(JR東海:名古屋駅~亀山駅間59.9㎞、JR西日本:亀山~JR難波間115.0㎞)を経て現在に至っています。 以前は、名古屋駅~大阪駅間を直通で結ぶ列車が運行されるなど、名古屋圏と大阪圏を結ぶ重要な役割を担っていましたが、東海道本線の整備が進められた。 現在JR関西本線への直通列車は運行されておらず、JR関西線名古屋駅~亀山駅間59.9㎞(電化区間)、JR関西線亀山駅~加茂駅間61.0㎞(非電化区間)、JR関西線加茂駅~JR難波駅間54.0㎞(電化区間)の3区間の運行系統に別れています。 JR関西本線は、名古屋駅と大阪駅を最短距離で結ぶ鉄道であり、沿線地域の開発が進み魅力的な観光資源が存在するなど、今後さらなる整備の充実が望まれる路線です。
列車の運行も名古屋側と大阪側はJRのエリアがJR東海とJR西日本とまたがる関係でほとんど独立している。
そして現在、名古屋駅-奈良駅間を結んでいたディーゼル急行「かすが」も需要が減ったため2006年(平成18年)廃止となり東海と関西を結ぶ車両はもうありません。

 電化は名古屋側は亀山駅までの全線、大阪側は加茂まで54kmについて、複線化は名古屋側は約20kmと全体の1/3ほど、大阪側は木津までの48kmについて行われている。
比較的山間部の亀山駅-加茂駅間は単線非電化路線である。

 名古屋側はほとんど平野を通っているために起伏は少なく、トンネルもないが、木曽川、長良川、揖斐川という大きな河川を渡るために長い鉄橋がある。
また地盤の低い地域も通っていて、特に海抜-0.93mの弥富駅は地下駅を除いて日本で最も低い駅である。

 名古屋側の列車は、名古屋駅-亀山駅間、名古屋駅-四日市駅間に213系電車による普通が運行されているほか、
名古屋-鳥羽間、名古屋-伊勢市間にキハ75による快速「みえ」が1時間に1本ほど運行されている。
また名古屋-紀伊勝浦間にキハ85系によるディーゼル特急「ワイドビュー南紀」が1日に4本運行されている。
「みえ」や「南紀」は河原田から紀勢本線の津までを第三セクタの伊勢鉄道の線路を走行する。
なお、亀山から西はJR西日本の気動車キハ120による普通列車が運行されている。

 名古屋側は、弥富-桑名間、朝明信号場-富田間、富田浜-四日市間、南四日市-伊勢鉄道分岐点までが複線で、名古屋-河原田間の設定最高速度は120km/h、河原田-亀山間は95km/hとなっている。

 大阪側の関西線は大和路線という愛称が付けられている。

JR関西本線の生い立ち

1889(明治22)
・民営大阪鉄道の湊町〈みなとまち〉(現在はJR難波)-柏原〈かしわら〉間を開業した。
・民営関西鉄道の草津線(草津-柘植間)が開業した。
1890(明治23)
・関西鉄道の柘植-四日市間が開業した。
1892(明治25)
・大阪鉄道の柏原-奈良間が開業した。
1895(明治28)
・関西鉄道の四日市-名古屋間が開業した。
1897(明治30)
・関西鉄道の柘植-加茂間が開業した。
1898(明治31)
・関西鉄道の加茂-大仏間が開業した。
1899(明治32)
・関西鉄道の大仏-奈良間により名古屋-湊町間全通した。
1900(明治33)
・関西鉄道が大阪鉄道を吸収し合併した。それに伴って
名古屋-大阪間で官営鉄道(東海道本線)との間で乗客の争奪戦がくり広げられることになった。
1907(明治40)
・関西鉄道加茂-木津間が開業
鉄道国有法により関西鉄道が国有化(JNR)
※木津経由の現在のルートが完成
1908(明治41)
・関西鉄道の加茂-大仏-奈良間が廃止した。
1930(昭和5年)
・名古屋-湊町間に「快速」列車を運行。
姫路-鳥羽間に準急列車を運行(現草津線経由)
1950(昭和25年)
・東京-湊町・鳥羽間で急行「大和」が運転開始。
1958(昭和33年)
・中井光次大阪市長をはじめ他5市町長が発起人となり関西本線複線電化促進連盟を設立
名古屋-湊町間準急を「かすが」と命名
1968(昭和43年)
・急行「大和」が廃止。
1973(昭和48年)
・急行「かすが」が湊町乗り入れ廃止。
名古屋-奈良間の運転に短縮
1973(昭和48)
・湊町-奈良間が電化された。
1982(昭和57)
・名古屋-亀山間が電化された。
1983(昭和58)
・関駅、佐那具駅、大河原駅など関西本線の多くの駅が委託化、加太駅無人化
1984(昭和59)
・奈良-木津間が電化された。
1987(昭和62)
・国鉄民営化 JR西日本・JR東海発足。
1988(昭和63)
・木津-加茂間が電化された。
・加茂-大阪間の快速に「大和路快速」と愛称がつく。
・加茂・木津-湊町・大阪間で「やまとじライナー」が運行開始。
1990(平成2年)
・亀山-加茂間一部ワンマン運行開始。
1993(平成5年)
・亀山-加茂間に最高速度95kmの軽快気動車「キハ120形」を導入。ワンマン運行。
2001(平成13年)
・赤字路線によりダイヤ改正(加茂-伊賀上野12便減、上下50便)
2003(平成15年)
・亀山-加茂間6月~9月の第4土曜日運休措置解除
2006(平成18年)
・急行「かすが」廃止
2012(平成24年)
・保守作業の昼間実施による第2土曜日の運休措置解除

JR関西本線家のアイコンJR関西本線沿線不動産情報